立夏

5月5日は子供の日、端午の節句です。

そして24節季では立夏となり今日から暦の上では夏となりました。

東洋医学では夏は心が活発になる季節であると考えています。(心とは西洋医学でいう心臓の働き以外に脳の働きの一部や自律神経の働きも含みます。)

夏は心気を養う季節です。

イライラしたり怒ったりすると心気を損傷すると「黄帝内経素問」にかかれています。

なるべく楽しい心情を保ち短気を起こさずゆったりした状態で過ごすようにしましょう!

とはいえ長期にわたる行動制限や目に見えないウィルスとの戦いで気持ちが落ち込んだりイライラししている方もいらっしゃると思います。

人との距離を保ちながらのウォーキングなど身体を動かすことがおすすです。

他にも瞑想や呼吸法などもこの機会に試してみるのもいいでしょう!

暑い日が続くようになれば清熱作用のある夏野菜などがお勧めですが、今の時期は食べ過ぎると身体を冷やし胃腸の働きが悪くなってしまいます。

冷たい物の取りすぎは注意するようにしてください。

 

 

PAGE TOP