大人の夏バテ

立秋を過ぎて少し涼しくなったとほっとしていたのも束の間、猛烈な暑さが戻ってきました。

朝起きた時、すっきりしない・・・。

からだが重くて食欲がない。

ひどくなるとめまいや動悸がする・・・。

このところこんな方来院されました。

いわゆる夏バテですね。

皮膚の表面が暑くなって身体の中が冷えている方や胃腸の働きが悪くなっている方、いわゆる自律神経のバランスが崩れた状態です。

鍼治療をして体表面の熱がとれカッカした状態がよくなれば自律神経のバランスが整った証拠です。

東洋医学では暑いと気を消耗すると考えます。

暑くて汗をかくのは当然なのですが、汗と一緒に気が出て行ってしまうので汗をかきすぎるとくたびれます。

こんな時は収斂作用のある酸味のものを摂ると汗をかきすぎるのを防いでくれます。

以前はよく麦茶に梅干しをお勧めしていましたよ。

また冷たい物を取りすぎると胃の調子が悪くなります。

暑いと口当たりのいい冷えた物がおいしいですよね!

ですが、冷たい物は最初の一口、二口にしてあとは温かい物をいただいてくださいね。

胃袋を冷やしすぎると腰が痛くなるので要注意です。

ご飯がおいしい人は元気な人です!

暑さ寒さも彼岸まで。

あと少し頑張りましょう!

 

関連記事

  1. ハート

    夏と心の関係

  2. 肺と秋の関係

  3. コロナ鬱の薬膳

  4. 顔のたるみ

  5. 昔は風邪を治せて一人前と言われました。~with covid…

  6. 肺と皮膚と抵抗力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP