肺と皮膚と抵抗力

『肺は皮に合し、其の栄は毛なり。』素問の五臓生成篇にこんな記述があります。

東洋医学では皮膚体毛は関係していると考えるのです。

寒くなって乾燥してくると皮膚がカサカサしてきますよね?

こんな時、はり治療(本治法)をすると皮膚がつるっとしてが出てきます。

肺の機能がアップした証拠です。

そうすると呼吸もふぅーっと深く入るようになります。

東洋医学では身体の周りには衛気(気には様々な種類があるのですがその一つ)が巡っていて身体を守っていると考えています。

肺の働きがしっかりしていると衛気の働きもよく皮膚は緻密となるのです。

 

関連記事

  1. カゼが治らない

  2. 生命力~元気~

  3. 梅雨の薬膳

  4. 子供の便秘・大人の便秘

  5. 憂えば脾を傷る~心と身体の関係~

  6. 冬の養生

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP