残暑の薬膳 その2

暑いとどうしても冷たいものいただくので、この時期になるとそろそろ胃袋がくたびれている方が多くなっています。

なんとなく胃がもたれたり食欲がなくなったり・・・便秘になったり下痢になったり。

こんな状態を脾虚と言います。東洋医学で考える脾は胃腸や膵臓の働きを合わせた概念です。

こんな時は脾臓を元気にする食べ物をいただきます。以下をご参照ください。

 

脾胃の働きを良くする食べ物

補脾益気:穀類・イモ類・しいたけ・キャベツ・肉類・イワシ・タラ・マナガツオ

健脾益気:大麦・はと麦・とうもろこし・いんげん

健脾消食:大根・おくら

養陰益胃:小麦・豆腐・豚肉

疏肝和胃:そば・たまねぎ・ジャスミン

暑さ寒さも彼岸まで・・・あともう少しの辛抱でしょうか。

 

 

関連記事

  1. 梅雨の薬膳

  2. 冬の薬膳

  3. 四性って何?

  4. 熱中症とは?~予防と対策~

  5. 猛暑の薬膳

  6. 夏カゼ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP