腰椎脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違い

先日腰痛の治療にいらした方の話です。

脊柱管狭窄症で腰が痛いと来院されたのですが、よくよくお話をうかがうとどうも椎間板ヘルニアと言われたようなのです。

腰痛や坐骨神経痛の原因として病院では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といわれる方が多くいらっしゃいます。皆さんその違いが分かりますか?

脳から延びた脊髄神経は背骨の中のトンネルのような空間を通っています。それを脊柱管と呼びます。脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭まり脊髄神経が圧迫されることにより痛みやしびれが発生します。

一方、椎間板ヘルニアは背骨と背骨をつなぐクッションのような役目をもつ椎間板が変性することにより脊髄神経を圧迫し痛みや痺れを生じます。

それぞれ痛みや痺れが症状として現れるわけですがその特徴はいささか異なります。

腰椎脊柱管狭窄症は身体をそらせると悪化し、腰椎椎間板ヘルニアは身体を前に曲げたり重たいものを持ち上げる動作をすると痛みが強くなります。

また脊柱管狭窄症では間欠性跛行といって歩くと足に痛みやしびれが発生し、しばらく休むと痛みが楽になるという特徴があります。

西洋医学ではこのように痛みやしびれの原因を考えていますが、現実には治療しても治らない方がいらっしゃるのも事実です。

東洋医学ではこのような方たちに対して異なる角度から原因を分析し治療していきます。内臓の働きを調整することにより自己修復能力を高め自ら故障箇所を治していくように調整していく治療を行います。

次回は東洋医学で考える坐骨神経痛や脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアです。

 

関連記事

  1. 顔のたるみ

  2. ため息

  3. からだが水ぶくれ~湿邪の話~

  4. 足に力が入らないとき

  5. 痛い話

  6. 舌は語る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP