熱中症とは?~予防と対策~

熱中症とは?

熱中症とは高温多湿が原因となって起こる症状の総称です。

漢方では暑邪の病にあたります。

一般には「体内に蓄えられている熱量が増加して放熱量が追いつかない状態」をいい、その程度に応じて「熱虚脱」「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」などに分けられます。

 

熱虚脱/熱失神

急に暑い場所に出た際などにめまいや失神をおこします。

脳への血流が瞬間的に不十分になることにより起こります。

涼しい場所に移動して充分な水分と塩分(特に「熱けいれん」の場合)を補給します。

 

熱けいれん

運動などで大量に汗をかいた後で筋肉が痙攣をおこします。

いわゆる「足がつる」などです。

手足や腹筋、胃などにも起こる場合もあります。

発汗すると塩分と水分が失われます。

しかし水分のみを大量に摂取すると塩分が薄まり痙攣を起こします。

運動中、熱けいれんが起こったら涼しい場所に移動して、水分と塩分の補給します。特にしっかり塩分を補給してください。

 

熱疲労

汗を大量にかいて水分が不足し体内の塩分バランスに異常が生じるとおこります。

頭痛や嘔吐、虚脱感や倦怠感など熱によって身体に力がはいらなくなるなどの症状です。

涼しい所に移動して水分と塩分、糖分を充分に補給し休息する事が必要です。

脱水の程度がひどい場合には点滴が必要になります。

 

熱射病

熱疲労の状態がさらに進んで体温調節機能が麻痺してしまった状態です。

体温が異常に高くなっているにもかかわらず汗をまったくかけず身体に熱が鬱滞している状態です。

めまい、精神錯乱、意識障害などの症状がみられるきわめて危険な状態です。

日射病

直射日光が原因となって、熱痙攣や熱射病の症状が出た場合の名称です。

 

予防と対策

その1:麦茶に梅干

熱中症の予防には適度な水分補給と塩分補給が大切です。

麦茶に使用されているはと麦はヨクイニンという生薬を熬ったものです。健脾作用といっておなかにやさしい働きがあります。

また最近の麦茶はほとんど大麦を熬ったもののようです。大麦には益気、養胃作用があります。胃にやさしい働きです。

どちらもおなかの弱い方やお子様にも安心です。

また梅には咽の渇きを抑えたり食欲増進の働きがあります。

暑さが続くと食欲が低下しがちです。水分ばかりとっていると胃液が薄まるのでなおさらです。

麦茶と梅干は適度な水分と塩分の補給の目的の他に胃腸にもやさしい組み合わせです。

その2:夏野菜を食べよう

暑いこの時期、夏野菜をもりもり食べましょう。

夏野菜には身体の身体の熱を下げる清熱作用や身体に水分を補いのどの渇きを抑える働きのものや利尿の働きがあるものがたくさんあります。


トマト−酸甘/微寒 生津止渇・健胃消食
なす −甘/涼 清熱、活血、寛腸、通便
きゅうり−甘/涼 清熱解暑、生津止渇、利尿
ゴーヤ−苦/寒 祛暑解熱、明目清心
冬瓜 −甘淡/微寒 利尿、清熱、化痰、清熱、解毒
西瓜 −甘/寒 清熱解暑、除煩止渇、利小便
etc.

その3:朝ごはん

朝ごはんを食べると適当な水分と塩分を補うことが出来ます。

暑さが続くと食欲が低下しがちです。体力が低下すると熱中症にかかりやすくなります。

食欲のない方はせめてスープやお味噌汁などいただくだけでも効果的です。

その4:頚動脈を冷やす

首の横を保冷材などで冷やします。また耳を冷やすのもおすすめです。

その5:炎天下の長時間の運動や労働

炎天下での長時間の運動や労働はこの時期は避けるべきです。仕方がない場合はこまめに水分を補給してください。

その6:帽子や日傘などで直射日光を避ける

 

 

関連記事

  1. 夏カゼ

  2. 冬の養生

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP