小暑・夏土用・大暑

《7月の節替り》

7月7日:小暑

7月20日:夏土用

7月23日:大暑

 

暑いですね~。暑くなってきたこの時期、美味しくなるのは夏野菜です。

夏野菜には身体に溜まった余分な熱を下げる清熱作用や身体の水分を補いのどの渇きを抑える働き、余分な水分を排出する働きをするものがたくさんあります。

例)

トマト−酸甘/微寒 生津止渇・健胃消食

なす −甘/涼 清熱、活血、寛腸、通便

きゅうり−甘/涼 清熱解暑、生津止渇、利尿

ゴーヤ−苦/寒 祛暑解熱、明目清心

冬瓜 −甘淡/微寒 利尿、清熱、化痰、清熱、解毒

西瓜 −甘/寒 清熱解暑、除煩止渇、利小便

他にも緑豆もやし・レンコン・豆腐や昆布やワカメなどもお勧めです。

暑いと気を消耗します。気が不足すると身体がだるくなったり疲れやすくなります。暑さが続くと食欲が低下するとさらに気が不足してしまいます。

暑いからといって氷の入った冷たいものやアイスなどの取りすぎは要注意です。

特に冷え性さんや胃の弱い方は注意が必要です。

どうしても我慢できないときは耳や首筋を冷やしてみてくださいね。

暑くても胃袋を冷やしすぎると身体の不調が後から出てきてしまいます。

東洋医学では、春夏は秋冬の陽を養うといいます。実は冬に冷えがきつい人は暑いこの時期、身体を温める働きのある羊肉を食べるといいと言われています。

外は暑いのですがオフィスの中など冷房で身体の中に冷えが溜まりやすいのもこの時期なのです。

夏ばてしないよう今からしっかり養生しましょう!!

最近の記事

  1. 夏の養生

    2018.07.2

  2. 顔のたるみ

    2018.05.30

  3. 舌は語る

    2018.05.30

  4. 痛い話

    2018.05.30

アーカイブ
PAGE TOP