からだが水ぶくれ~湿邪の話~

「先生~からだが重くてだるくて何もできませ~ん。」

こんな方、けっこういらっしゃいます。

みると身体がぶんぶんにむくんでいます。

「台風が近づいていますからね~。」

雨が降ったり、湿度が高かったりすると身体に湿が溜まりやすくなります。(東洋医学では湿邪っていいます。)

湿が溜まるとからだが重くてだるい・・・つまりだるおも~って症状になります。

他にも手足や顔がむくむ、眠くてしょうがないなど・・・頭が重い、関節がだるくて痛い、皮膚にぷつぷつと水疱のようなものができて皮膚病が悪化・・・なんて湿が身体に溜まるとやっかいです。

こんな時はまず歩いてください。

歩いて汗をかくと身体の湿が取り除かれるので楽になります。

それから手足をくるくると回してみてください!関節には湿が溜まりやすいのです。

身体がむくみやすい人は小豆はと麦がおすすめです。

甘いものやお酒は控えてくださいね。

でもがんばって歩いたんですけどもっとだるくなっちゃいました・・・なんていう場合は身体の気が不足している気虚の状態です。

身体のエネルギーが不足している状態なのでこんな方は無理をせずお休みしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 足に力が入らないとき

  2. 冬の養生

  3. 腰椎脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違い

  4. 夏の養生

  5. 舌は語る

  6. しびれや痛みの病~痺証~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP