当院の成り立ち

 

太一堂名前の由来

名前の太一(たいいつ)とは、天地万物を生成する根源の気
万物の根本を意とする、中国の古医書呂氏春秋より引用しました。

万物の根源を理解することより病の原因が明らかになり、どのような病でも
治癒に向かわせることができるとの意から命名しました。

画像の説明

太一堂鍼灸院は平成七年、鍼灸専門治療院として開業しました。

漢方医学に基づいた経絡治療を施します。

極細の銀鍼を使用し、治療に伴う痛みはほぼ有りません。
使用する鍼は全て使い捨てにしていますので清潔・安心です。




太一堂鍼灸院のスタッフ紹介

院長 後藤 弘次

画像の説明

中央大学商学部卒業
早稲田針灸専門学校 (現人間総合科学大学鍼灸医療専門学校)卒業
はり師 きゅう師免許を取得

平成七年 漢方鍼汪会に入会
臨床の傍ら同会にて古医書医学を研究主に『黄帝内経素問』『黄帝内経霊枢』『類経』『脈経』『脈訣』など東大名誉教授戸川芳郎先生、池田智久先生をはじめ日本を代表する漢学者に中国哲学や古医書の講義を受ける

平成二十年より 奈良朱鯨亭の別所愉庵先生から整体術を学び現在に至る

東京女子医科大学国際統合医学科
インスティテュート人材育成コース修了


はじめまして、太一堂鍼灸院 院長の後藤 弘次と申します。

二十数年前、鍼灸は単にコリや痛みを取るだけでなく、病気を治す歴然とした医学であることを痛感し、この道を歩むことにしました。

若かりし頃していたテニスインストラクター〔日本テニス協会公認指導員(制度移行により失効)〕の経験を踏まえ、スポーツ障害の治療やアドバイスも行っております。

 

鍼灸師     近藤 美智代
画像の説明
国際中医師
国際薬膳師
国際気功師

早稲田鍼灸専門学校卒
はり師 きゅう師免許を取得
同校カイロプラクテック科を卒業

平成四年 漢方鍼汪会に入会 伝統的な鍼医術を学ぶ
臨床の傍ら同会にて古医書医学を研究
主に『黄帝内経素問』『黄帝内経霊枢』『類経』『脈経』『脈訣』など
東大名誉教授戸川芳郎先生、池田智久先生をはじめ日本を代表する漢学者に中国哲学や古医書の講義を受ける

国際中医師 薬膳師 気功師の資格を取得

東京女子医科大学国際統合医学科
インスティテュート人材育成コース修了




 

施術料金

初診料   ¥ 1,500

治療費   ¥ 4,500

10回券   ¥35,000

5回券   ¥18,500

大学生   ¥ 3,000

中高生   ¥ 2,500

小学生   ¥ 2,000

乳幼児   ¥ 1,000

往診治療  ¥ 7,000


回数券の有効期限  10回券は1年間・5回券は6ヶ月間有効になります。

 

受付は予約優先となります。

TEL 03−3309−2071


当院の治療費はできるだけ低く抑えています。
それは当院の基本理念によるものです。

もともとこの世界に入ったのは、どこに行っても良くならない病気の方をなんとかできないかと
思い巡らし模索した結果、めぐり合えたものでした。

その様なこともあり治療対象の中心は、慢性病でご苦労されている方になります。

残念ながらそういう方は、2~3回で治るような単純な病因をお持ちではありません。当然治療期間は長くなることが多くなります。

当院としてはその様な方を治療するに当たり、大事なことは先ず継続して治療を受けていただくことだと思っております。

そのため回数券を設けて、できるだけ通院しやすいようにいたしましたが、それでもまだ保険治療に比べれば高いようにお感じになられるかもしれません。

当院としましては、より早く完治できるよう研究を重ね研鑚し、努力を怠らないことをお約束させていただきます。



太一堂鍼灸院 エピソード

きっかけは三十数年前、母の坐骨神経痛でした。

最初は軽い腰痛から始まって、最後は入院。
一ヶ月半の入院生活。
ひたすらベットで牽引。
結局「後は手術しかなく、それでもはっきり治るとは
言えません」といわれ退院するしかありませんでした。

その後、様々な治療を受けるもののたいした効果が無く、
歩行も困難で座ることさえままならず、
足腰の痛みで眠ることもできず、夜が明けるのを鬱々と待ったそうです。

表情もどんどん暗くなり見ているこちらまでつらくなりました。
当時学生だった私は、なんとか母の苦痛を取り除いてあげたい
坐骨神経痛を少しでも楽にしてあげたい、そんな思いから鍼灸師の道を志したのです。

・・・最初は試行錯誤でした。

電気パルスを使った針治療、脊柱の痛点への直接針、
お灸、整体、ゴムバンドを使った整体など・・・

様々な治療を試してみましたが、どんな治療も最初は少し良いように
見えてもすぐ戻ってしまうのです。

「結局いくら痛い所を治療しても効果は薄い、
原因となっている根本を治療しなければ完治させることはできない。
との結論に達しました。

そして今の漢方はりに辿り着いたのです。

随分遠回りしてしまいましたが、二十数年たったいまでも
坐骨神経痛の痛みや痺れ等再発もなく、すっかり元気です。

当時、今の知識技術があればもっと早く治してあげられたのに・・・・・
と思います。

今は患者さんご自身のからだの痛み苦しみ
またご家族の皆さんのご心労。
そして患者さんご自身の気持。

そんな苦痛から一日でもはやく開放されて笑顔を取り戻していただきたい。

そのような気持ちで日々研鑽を積み、今日も治療に励んでおります。


 

人はなぜ病になるのでしょうか?体の痛み苦しみはなぜ起こるのでしょうか?

確かに西洋医学の技術は目覚しく進歩しました。

しかしどんなに西洋医学がすすんでも、次から次へと新しい病が発生し病がこの世からなくなる事はありません。

未だに原因の分からない症状、病院に行ったけれど「なんでもありません」と言われたという方がたくさんいらっしゃいます。

私たちはそんな皆さんのお役に立ちたいと思っています。

西洋医学では説明のつかない症状でも、漢方の立場から考えるととてもよく理解できるという症例はたくさんあります。

それは漢方医学というものが自然からだというものを総合的に考えた医学だからです。

人は自然の一部です。どんなに文明が発達しても自然から離れて生きていく事はできません。

太陽のめぐり月の満ち欠け季節の変化に影響を受けているのです。

また季節に取れた食べ物は、その季節のエネルギーを私たちに恵んでくれます。

太一堂の治療は根本治療です。一人一人の体質に合わせて皆さんの本来持ってい

治す力を引き出す治療です。

 

 

太一堂鍼灸院で施術を行うのは、法律に基づく国家資格を有し、
高い技術力を持った、経験年数20年以上のベテラン鍼灸師のみです。





PAGE TOP