症例1
40代男性です。
スーッと音も無くある男性の患者さんが入ってこられました。体が右に傾いたまま、表情も暗く本当につらそうな様子です。
右大腿部の後ろが重く痺れがあり一ヶ月整体治療を受けたが効果が無いとの理由での来院でした。
とにかくまっすぐになることができず会社ももう何日も休んでいるとのこと。夜になるとさらに痛みがひどくなるので良く眠れないとのことなのです。
見ると右の腰に硬縮があり右足のふくらはぎがつっています。
夜になるとさらに痛みがひどくなるというのは体の正気がすでによわくなっている証拠です。この方の場合発病から少し時間がたっているということと体を変にいじくってしまったので少し時間がかかりました。
大体2週間ほどで朝の引きつった感じは好転。一ヶ月くらいで動けるようになりました。ほぼ9ヶ月くらいで完治となりました。ご本人が心配されていた(骨がまがってしまったのではないかと・・・)背中もまっすぐになりました。

症例2
坐骨神経痛で来院される方は一人で歩くことが難しい場合もあり、ご家族と一緒に来られる方がわりと多くいらっしゃいます。
80代、女性のSさんもそんな一人です。
とにかく歩けないので車椅子での来院でした。
最初の数回はそれほど変化がありませんでした。
ご本人曰く 最初は治療した直後、少し痛みが出たそうです。
治療を止めてしまおうかと思ったそうです。
でもそんな時、お友達に治すのは針治療しかないんだからと言われ治療を続けたそうです。
治療家として治療を始めてもう随分経ちましたが、やはり慢性病や長く患った疾患の場合、治療に時間を要することがあります。
もちろんこちらとしては良くなっているということはわかっているのですがご本人の自覚とは少し異なります。
こんなとき大切なのは身近な人のこんな一言なのです。
そして家族の支えです。
治療を開始したのは年末でしたが、年が明ける頃には一人で来院することができました。

症例3
こちらはご家族の説得で悪くなってからすぐ来院した例です。
70代男性、ご本人曰く、足が痛くて歩けない。特に夜がひどい。
夜中の2時くらいになるとひどい痛みのため目が覚めて2時間ぐらい眠れなくなってしまう。腫れたような感じで痛い。
そんなときは揉んでもさすっても痛みがとれず何をしていいかわからない・・・とのこと。
とにかく動けないので2回往診しました。
何とか動けるようになり3回目はご自分で歩いて治療に来ることができました。
ゆっくりしか歩けないので来るまでに結構時間がかかったそうです。
とにかく毎日来院し一週間後には痛みも無く普通に歩けるようになりました。
この方の場合、この方の奥さんとお嫁さんがもともと当院の患者さんでした。奥さんだけでなくお嫁さんも当院の治療を強く勧めてくれたそうです。
とにかく悪くなってからあまりあちこちでいじくりまわさずすぐに来院でしたので早く治すことができました。
症例4
先日嬉しい電話をいただきました。
坐骨神経痛を発症して1年以上経過した80代の男性です。
しびれと痛み、仰向けで眠ることができません。
骨盤もかなり傾いていました。
鍼治療と同時に骨盤を正しい位置に戻す施術も行っての治療です。
10回通われたところでちょうど回数券も終わりかなり遠方よりいらしていたこともありしばらく様子を見ようということになりました。
かなり良くなっていたのですが、ご高齢なこともありどうしたかな~と気になっていたのです。
そこへ突然のお電話です。
「ちょうど10回目の治療を終わりそれから一週間ほどして大変よくなり骨盤の傾きもとても良くなりました。痛みしびれも全くなくなり3000歩から4000歩けるようになりました。また何かありましたらよろしくお願いします。」とのこと。
このようなお電話をいただくと治療家冥利に尽きます。
本当によかったですね。
また何かありましたらお気軽にどうぞ。今度はあまり悪くする前にきてくださいね。
症例5
他院で治療を受けたのだけれどもかえって痛くなってしまいました。といってこられたAさん。
歩くと激痛で長い距離を歩けない。仰向けで寝ることができず横向きであれば寝ていられるとのことです。
以前から痛かったがだんだんと悪化しカイロプラクティックを受けた後さらに悪化したとのこと。
仰向けになることが難しく、左の背中から太ももの後ろは一枚の硬い板のようになっています。
とにかく少しの間仰向けで治療させてもらいそのあとは横向きで治療です。
1回目の治療のあと家の中で立てるようになりましたとのこと。少しももの後ろの張りがよくなっています。
3回目の治療のときは少し仰向けになれる時間が増えてきました。だんだんと歩く時間も増えてきたようです。
ですがまだまだ仰向けでの治療はきついようです。ウルトラマンのようですね。3分以内に仰向けでの治療を終えないとピコピコとタイマーがなります。
ううう~と痛み出すのです。
6回目の治療で4時間、9回目の治療で6~7時間。立っていられる時間もだんだんと伸びてきました。(この状態でずっと立ち仕事を続けるというのは本当に大変です。根性がありますね。)
仰向けでの痛みタイマーもならなくなりました。
板のようだった背中から腰、太ももにかけてもだいぶよくなってきました。
その後何回か治療を重ねてもものうらに多少のつっぱり感が残る程度になりました。
1回で治る・・・こんな風に言われるとだれでもえっすごい!カリスマだと思います。ですが個々人体質や状態は異なります。
元気で体力のある人は強い手技を行ってもそれに耐えるだけの身体を持っていますが、強い手技を受けると危険な場合もあります。
一人一人の体質や状態に合わせて治療を行うことが大切です。

最近の記事

  1. 夏の養生

    2018.07.2

  2. 顔のたるみ

    2018.05.30

  3. 舌は語る

    2018.05.30

  4. 痛い話

    2018.05.30

アーカイブ
PAGE TOP